有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2005年2月1日

シクラメンの葉と花の色艶が良い。HB-101を8年間使用。

関東平野の北部、栃木県でも最も温暖な比較的気候に恵まれた、この県南地方の南河内町にシクラメン栽培農家の私のビニールハウスはある。
私は、1年を通じて2万鉢のシクラメンを栽培し、季節によって他の鉢も栽培している専業農家である。
シクラメンの栽培を始めて十数年になる。
クリスマスとか正月などの需要の関係で、出荷最盛期の12月が1年のうちで最も忙しい。

シクラメンの手入れは1年中しているが、シクラメンは、思ったより手が掛かり、
今の時期は、寝ないでやらねばならない程の忙しさである。
8年前に『現代農業』という雑誌を見て、HB-101というものがある事を知り、使い始めた。

栃木県で1番購読者が多い、『下野新聞』にも、HB-101の広告が掲載されている。

8年前、薬かけが下手だったので、ダニが止まらなくて困っていた。
ビニールハウスの中は、時期的に密閉している時があり、
その時に病気が出るとハウス内の鉢全体に広がってしまう。

農薬の場合は散布しながら、知らず知らず自分でも吸い込んで体に悪いし・・・と思って使い始めたのが、きっかけである。
当時、ダニが広がって花や葉が気に入ったものが出来なかったので、全部捨ててしまった。
その頃から試験的に少しずつ使い始めていたのだが、採算面などを考えてみると、
多少HB-101に金をかけても、全部捨ててしまう損失よりは安くつくと思って、大量に使い始めた。
使用方法は、千倍液を葉面散布などで週に1回使っている。
HB-101で花の色も葉の色も良くなり、花も大きくあざやかに長く咲く。
ダニが治まって、その後、苗の時に掛けてみたり薬を掛ける時に混ぜて使ったり・・・と成長過程で自分なりに工夫しながらやっている。
シクラメンの栽培は、とても手間がかかる。
種から苗を育て、大きくして行く段階で、植え替えを大体3回から4回行う。
葉分けも多い人で10回程やる。
一鉢一鉢ずつ葉分けするので、とても手間と時間がかかる。
私は出荷の直前に、またもう1回葉分けするので、葉分けは都合6回行う勘定になる。
シクラメンの栽培では、土を作る最初の段階から消毒しているので、雑草の繁殖というのは無い。
種冷やし(撒く前に水に漬ける。)の時には水に病気予防のためのものを混ぜて浸して置くが、HB-101も使う。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
【植物活力液 HB101】その効果はプロ太鼓判。世界が愛用する安心安全の植物活力液がフローラのHB-101です。使い方は、本格農業から趣味の園芸・ガーデニング、観葉植物にも。有益微生物の活性化で土壌を、植物栄養素が、野菜・果実・花を安心安全元氣に育てます。

関連記事

  • HB-101で完全無農薬米を作る。食味バツグンで収……

    2006年2月27日

  • ネギの色艶、形、香り、味が良く、収穫量が増える。

    2006年6月1日

  • HB-101は安全で使いやすいのでガーデニングの強……

    2008年8月4日

  • HB-101をサツマイモ、水稲、ホウレン草、スイカ……

    2009年3月25日

  • HB-101で白菜やレタスやニンニクの生長が素晴ら……

    2015年3月2日

HB乳酸発酵「黒にんにく粒。」
お肌しっとり入浴液「フローラ・バス-102」
動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」
ローヤルゼリー配合「フローラロイヤルソープ」
栄養機能食品「タスカリッター」