有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2010年4月2日

HB-101でできたイチゴは、色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良くなります。

私は米、麦、果菜類にHB-101を使っています。最近は食用ヘチマにも挑戦中です。イチゴは「あすかルビー」をハウス四棟で栽培しています。HB-101の使用ポイントは、米でもイチゴでも野菜でも苗の時にHB-101を散布すると、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。イチゴは3月頃に苗を植え付けします。HB-101の使用方法は、灌水設備を設置しているので、週に1回の割合で定期的に液肥に混ぜて灌水しています。7月下旬から8月上旬にポット苗が出来上がります。8月25日を過ぎたら花芽の分化を促進するため、夜冷育苗を実施します。毎週のHB-101の灌水の他に、収穫前までは月に2~3回、HB-101を葉面散布します。HB-101の葉面散布は、ハウス4棟でHB-101の200ccを、200リットルの水で薄めた千倍液をたっぷり散布しています。

イチゴの大敵であるウドンコ病、炭そ病の予防に、HB-101は農薬と混ぜて使用出来るので助かっています。農産物の安全、安心という意味でも農薬を抑えることを心がけています。イチゴは温度管理も大変重要なので、日中は25度程度を維持し、イチゴが完熟するまで、日数を長くすることによって糖度が上がります。HB-101を使用したイチゴは、色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランンスがとても良いです。収穫は11月~5月上旬までです。

HB-101のおかげで色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良いイチゴです。
HB-101のおかげで色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良いイチゴです。
HB-101を使うと、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。
HB-101を使うと、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。
HB-101のおかげで本当においしいイチゴが出来ます。
HB-101のおかげで本当においしいイチゴが出来ます。
お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
【植物活力液 HB101】その効果はプロ太鼓判。世界が愛用する安心安全の植物活力液がフローラのHB-101です。使い方は、本格農業から趣味の園芸・ガーデニング、観葉植物にも。有益微生物の活性化で土壌を、植物栄養素が、野菜・果実・花を安心安全元氣に育てます。

関連記事

  • HB-101で食味抜群のお米を作る。

    2005年2月5日

  • プラティア・プベルラ・アルバをグランドカバーにと平成31年3月から栽培開始をしたが、5ヶ月経過した令和1年8月でも小さく、土壌環境が適していないのか?と心配した。しかし、令和2年2月にはHB-101のおかげで見違える程の生長ぶり。上の写真のように可愛らしい小さな白い花が無数に増え、全てのグランドをカバーし、雑草が生えなくなってありがたい。

    HB-101で素晴らしく植物が生育しています。

    2020年4月2日

  • HB-101、顆粒HB-101、HB-101の点滴……

    2005年3月23日

  • HB-101で木立性ベゴニアは一年中、花が咲き続け……

    2017年2月25日

  • HB-101で見事な花を出荷できます。

    2011年12月1日

HB乳酸発酵「黒にんにく粒。」
植物からできた健康補助食品「HBグルコサミン」
ローヤルゼリー配合「フローラロイヤルソープ」
力がみなぎる「HB-555 極」
瞬間消臭の植物性消臭つぶつぶニオイノンノ