有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2011年11月1日

HB-101を使うと、病気や害虫を抑え、葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感が良くなります。

リンゴの栽培面積は二町歩です。栽培品種はふじが主体で、さんさ、津軽、名月、ジョナゴールドなどを栽培しています。さんさは9月上旬に収穫、津軽は9月中旬に収穫、ふじは11月15日前後~12月上旬まで収穫します。土作りには顆粒HB-101を使用しています。雪が残っている内に、顆粒HB-101を木の根元付近にまいていると、雪が溶け出し、自然に顆粒が土に浸透していくので、とても重宝です。除草剤は使用しないので、雑草が多いです。3年前までは有機肥料を使っていましたが、2年前から有機肥料の代わりに、工夫を重ねた結果、雑草を堆肥代わりに使うことを決断し、無肥料で栽培をしています。
雑草を上手く使用する事で、昨年も今年も例年以上に良い結果が出ています。これからも創意工夫をして新しい栽培方法を考えていきたいです。
HB-101は農薬との混合はOKデスガ、HB-101は単独で使用しています。リンゴで無農薬栽培は難しいと思っていますが、安心、安全を考えて農薬散布を極力抑えています。5月中旬の開花前から10月頃まで、HB-101を単独使用で、葉に散布しています。リンゴの顔色と葉の状況をみて、効率的に散布しています。定期的に使用しているために、斑点落葉病などの病気やダニ類、アブラムシなどの害虫が抑えられています。HB-101を葉面散布する事で、葉に丸みが増してきます。
その結果、リンゴの色艶、あかり、食感が良くなります。

HB-101で葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感がよくなります。
HB-101で葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感がよくなります。
お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
【植物活力液 HB101】その効果はプロ太鼓判。世界が愛用する安心安全の植物活力液がフローラのHB-101です。使い方は、本格農業から趣味の園芸・ガーデニング、観葉植物にも。有益微生物の活性化で土壌を、植物栄養素が、野菜・果実・花を安心安全元氣に育てます。

関連記事

  • HB-101でできたイチゴは、色艶、形、香りが良く……

    2010年4月2日

  • HB-101のおかげでアスパラガスがみずみずしく育……

    2009年2月1日

  • HB-101で作ると高品質、多収穫、良食味となりま……

    2005年2月16日

  • HB-101で育てた梅の木で梅酒を作りました。

    2018年7月7日

  • HB-101でどの野菜も全部よく出来ます。

    2010年10月7日

エネルギーの活力化に「HB-555 ちから」
ニャンケンポン「ペット用健康食品」
力がみなぎる「HB-555 極」
健康補助食品「めざせ目標値。」
ニャンケンポン「ペット用健康食品」