有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

切り花の菊作り

私共は、菊作りに全力を挙げています。
私の両親、我々夫婦と従業員2人で切り花の菊花栽培に日々いそしんでいます。
菊作りの他は、米三反と畑も少々作っています。
菊作り歴は、私の父が四十年、私自身は25年で、毎年品評会等にも出展してきました。
菊の品種は『秀芳の力』の白黄花で、菊畑は1500坪のハウス栽培です。
1年に3作つくっており、

7月10日に定植したものは、10月、2月A5月に出荷、
8月2日と23日定植したものは、11月、3月、6月に出荷し、
9月8日に定植したものは、12月、4月に出荷しています。

HB-101は、三年位前の秋頃よりずっと使用してきました。
使用方法としては、5千倍液を4日~5日おきに散布し続けています。
そのお蔭で、今までと違った次の様な変化がはっきりと表れてきました。

(1) 生長の具合がとても良くなって、勢いがすごい。

(2) 花や葉などに厚みが増し、切り花にした時、日持ちが良い。

(3) 花の色艶がグンと良くなった。

(4) 挿し穂で根の出が、びっくりするほど出る。

(5) ムラが無く、背丈が90~100cmに揃う様になった。

(6) 白サビ病などが発生しない。

(7) 害虫予防になり、青虫、スリップス、ハモグリバエなどがいなくなった

(8) HB-101の千倍液を水あげ剤として使用すれば効果バツグン。

他にも多くの効果はありますが、HB-101を活用して、とても良かったと思っています。
ふだんは葉面散布が多いのですが、2作目、3作目には土壌灌水もやります。
定植前の7月~8月、たっぷりと土壌散布を行う事にしています。
又、挿し木、挿し穂等は、HB-101の二千倍液にドブ漬にしておきますと根が勢いよく出、その後の生長にも安心がおけます。

菊作りの肥料は、(1)石灰(2)苦土灰(3)配合肥料を用いています。
又、福岡県の立毛品評会(菊畑百坪単位)では、HB-101を使うようになってから高位で表彰されています。
一昨年の品評会では第2位、県議会議長賞をいただきました。
切り花の菊花は、八女市花組合から、共同出荷で全国各方面へ出しています。
HB-101に巡り会えたご縁を大事にし、更により良い菊作りに励みたいと念願しています。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2005-5-25

    HB-101で高品質の小松菜、春菊、アスパラ菜、ネギを栽培する

    HB-101を平成八年からずっと野菜に使用しています。 私は、小松菜の栽培に関しては二段式野菜…
  2. 2006-3-31

    発芽率が100%になり活着率も100%!

    専業農家として二町七反歩の土地を耕作しています。 HB-101を500倍に薄めた200リットルの容…
  3. 2015-9-5

    16才の愛犬がHB-101で元気で毛艶も見事になりました

    16才の愛犬が毛艶もなく、しょんぼりと元気がありませんでした。しかし、HB-101を毎日、水の中に2…

人気の記事

  1. ポメラニアンを部屋で二匹飼っています。 犬がトイレの失敗をしたり、使用済みのペットシーツのゴミ箱が…
  2. 頭上部の髪は細く、地肌は見えていました。現在71歳の男性です。HG-101を使用してから3ヶ月、前頭…
  3. 何十年も他社の育毛によい商品を使っていましたが、効果があったのか?分からず、それを止め、HG-101…
ページ上部へ戻る