有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101を使うと、病気や害虫を抑え、葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感が良くなります。

リンゴの栽培面積は二町歩です。栽培品種はふじが主体で、さんさ、津軽、名月、ジョナゴールドなどを栽培しています。さんさは9月上旬に収穫、津軽は9月中旬に収穫、ふじは11月15日前後~12月上旬まで収穫します。土作りには顆粒HB-101を使用しています。雪が残っている内に、顆粒HB-101を木の根元付近にまいていると、雪が溶け出し、自然に顆粒が土に浸透していくので、とても重宝です。除草剤は使用しないので、雑草が多いです。3年前までは有機肥料を使っていましたが、2年前から有機肥料の代わりに、工夫を重ねた結果、雑草を堆肥代わりに使うことを決断し、無肥料で栽培をしています。

雑草を上手く使用する事で、昨年も今年も例年以上に良い結果が出ています。これからも創意工夫をして新しい栽培方法を考えていきたいです。

HB-101は農薬との混合はOKデスガ、HB-101は単独で使用しています。リンゴで無農薬栽培は難しいと思っていますが、安心、安全を考えて農薬散布を極力抑えています。5月中旬の開花前から10月頃まで、HB-101を単独使用で、葉に散布しています。リンゴの顔色と葉の状況をみて、効率的に散布しています。定期的に使用しているために、斑点落葉病などの病気やダニ類、アブラムシなどの害虫が抑えられています。HB-101を葉面散布する事で、葉に丸みが増してきます。

その結果、リンゴの色艶、あかり、食感が良くなります。

HB-101で葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感がよくなります。

HB-101で葉に丸みが増して、リンゴの色艶、あかり、食感がよくなります。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2018-4-9

    使用後の自然な口の中のさっぱり感や歯のツルツル感などに満足しています。

    HA-118を初めて使ってみました。泡立ちの少なさに最初は物足りなさを感じました。しかし、その事で市…
  2. HB廣報,フローラ,天然由来成分,植物エキス,植物のちから,HB-101,hb101,ハッピーバイオ,バイオ技術で明日を創る,植物活力,三重,四日市市,送料無料

    2017-12-24

    私の花達はHB-101のお陰で超元氣です。

    私の花達はHB-101のお陰で超元氣です。 お花の先生と一緒にお出掛けした時に、ミニ水仙のテー…
  3. 2014-9-10

    HB-101で牡丹が5つも咲き豪華絢爛です。

    五葉松に虫がつき春雪にもやれら枝も折れて元気がなくがっかりしていました。根元にHB-101を希釈して…

人気の記事

  1. 前回、夢見るシャンプーのネーミングにひかれて買いました。夢見るシャンプーを使ってみて髪の毛の艶の出て…
  2. 雪恋姫、本当にビックリしました。 洗顔後に使用しましたら、何と信州の湧き水で洗顔した時と全く同じ感…
  3. 平成七年よりHB-101を春菊、大阪しろ菜、ホウレン草、小松菜、十八ささげ、エンドウ豆、シソ、ナス、…
ページ上部へ戻る