有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

馬鈴薯の収穫が約2倍になり病害、虫害がほとんど出なくなりました

馬鈴薯を3ヘクタール、サトウキビを10ヘクタール栽培し、ヤギ26頭を飼育しています。
今回は馬鈴薯にHB-101を使った結果を報告します。
種芋の植え付けは10月、発芽が始まってから3ヘクタールにHB-101を反当り100ccを点滴灌水チューブで植え付け後20日目と40日後に合計2回流しただけ、対処区として約100m×2列は水だけ流しました。
1週間ほどで、樹勢に差が出始め、日が経つにつれて不安は確信に変わり、いよいよ1月20日収穫の始まりです。
殆どの芋がLサイズと2Lサイズで箱に入った芋は選別した後みたいです。
1ヘクタール収穫が終わって集計すると何と反当り3トンあり、従来は反当り1.5~1.8なので、17年間馬鈴薯を作っているがこんなことは初めての経験です。
見学に来る方々も多く、皆ビックリ、市場のバイヤーも見に来られ、今までに無い特別価格で取引が確定しました。
今、南と北の大東島で私はジャガイモが3トンも出来たと話題になっています。
結果をまとめると次の通り。
①生産量が2倍になった。販売総数は80トンでした。
②対象区は1列から75キロ少なく、はっきりと差がでた。もちろん病害虫も多い。
③農薬は1回も使っていないのに病気や虫害は3ヘクタールから10個以内だけ。
④不良品が出ないのでヤギのエサは別で手当てすることになった。少し位は不良品が出た方が良いかもと冗談が出るほどです。
⑤品質が良くなった関係で人件費も約3分の1になった。
3ヘクタールの収穫作業は例年だと3名で約60日かかっていたが、今回は数量が約2倍にもかかわらず、1月20日から始まり、2月14日で終わってしまい、なんと半分以下の26日で終わってしまいました。
また、選果場でも異変、例年までは、夜の8時や9時まで11名で作業していたが何と5時には終了しています。
日数と時間減で、経費が3分の1となります。
今回はサトウキビにも使って農業は儲かることを実証したいと張りっ切っております。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2009-2-3

    HB-101と白HB-101で古代ハスの「大賀ハス」が次々と見事に咲きます。

    昭和26年に発芽に成功し、名付けられた「大賀ハス」は、濃いピンクに縁取られた大輪の花が見事です。今年…
  2. 2008-12-15

    ワスレヘンをワスレナイように!!

    妹は物忘れが多くなりました。 妹にワスレヘンをワスレナイように飲むように勧めています。 HB…
  3. 2019-4-4

    歯肉の状態が良く、歯周病の心配はないとのことでした。

    先日、歯科の定期検診をしていただきました。とてもきれいに磨けていると、褒めてくださいました。又、歯肉…

人気の記事

  1. 大型のプランター7個に黒竹や大名竹を栽培しまして、家の周りの生垣として10年近く世話を続けていました…
  2. HB-101を約30年間、愛用しています。私はリンゴを約1町歩(3,000坪)の面積で、ふじを主流に…
  3. 4年前から髪の毛が薄くなり、薬用育毛剤HG-101を使用しています。どうにか現状維持が出来て満足して…
ページ上部へ戻る