有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101でできたイチゴは、色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良くなります。

私は米、麦、果菜類にHB-101を使っています。最近は食用ヘチマにも挑戦中です。イチゴは「あすかルビー」をハウス四棟で栽培しています。HB-101の使用ポイントは、米でもイチゴでも野菜でも苗の時にHB-101を散布すると、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。イチゴは3月頃に苗を植え付けします。HB-101の使用方法は、灌水設備を設置しているので、週に1回の割合で定期的に液肥に混ぜて灌水しています。7月下旬から8月上旬にポット苗が出来上がります。8月25日を過ぎたら花芽の分化を促進するため、夜冷育苗を実施します。毎週のHB-101の灌水の他に、収穫前までは月に2~3回、HB-101を葉面散布します。HB-101の葉面散布は、ハウス4棟でHB-101の200ccを、200リットルの水で薄めた千倍液をたっぷり散布しています。

イチゴの大敵であるウドンコ病、炭そ病の予防に、HB-101は農薬と混ぜて使用出来るので助かっています。農産物の安全、安心という意味でも農薬を抑えることを心がけています。イチゴは温度管理も大変重要なので、日中は25度程度を維持し、イチゴが完熟するまで、日数を長くすることによって糖度が上がります。HB-101を使用したイチゴは、色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランンスがとても良いです。収穫は11月~5月上旬までです。

HB-101のおかげで色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良いイチゴです。

HB-101のおかげで色艶、形、香りが良く、甘味と酸味のバランスが良いイチゴです。

HB-101を使うと、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。

HB-101を使うと、根張りが良く、しっかりとした固い苗が出来、活着が良く、後の作業管理が楽になります。

HB-101のおかげで本当においしいイチゴが出来ます。

HB-101のおかげで本当においしいイチゴが出来ます。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2012-11-2

    HB-101でとてもおいしいお米が出来ます。HB-101で一反当りの収穫量が九〜十俵から十二俵に増えています。

    米のコシヒカリを三町五反、栽培しています。HB-101は20年間使っています。3月下旬に元肥として鶏…
  2. 2012-2-10

    シノブが近所でも評判になっています。

    写真は我が家のシノブです。ちょうど1年ほど前に水やりの失敗から、ほぼ丸坊主になってしまったので、HB…
  3. 2006-6-7

    HB-101で万年青の色艶が非常に良く、元氣に育つ。

    万年青にHB-101を使い始めたのは平成10年です。 友人にHB-101を勧めてもらってからです。…

人気の記事

  1. 山田錦にHB-101を30年前から使っています。 山田錦の田圃の土作りは4月から5月にかけて一反当…
  2. ニオイノンノを15年ほど前から使用しています。とてもよく効きます。平成30年より、フローラ・バス-1…
  3. 私の家の君子蘭は30年以上経っています。その君子蘭にHB-101を長年使用しています。ベランダでの鉢…
ページ上部へ戻る