有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101は18年間使っています。HB-101で初花が早く、根の生育が良く、柄が出やすいです。

HB-101は約18年前に為替社長の説明を聞いて良いと思い、菊に使ってみました。良い結果が出たので他の人にもHB-101を紹介しました。最近では6年前に始めた交配種の蘭の寒天培養ビンから出した後の育成にHB-101を使って大きな成果が出ました。寒天栽培ビンで1年~1年半育てた後、鉢植えに移します。春から秋には水やりを3日毎にたっぷりとかけます。HB-101の散布は、水やりとは別に夕方に噴霧器を使ってHB-101の2千倍液を葉面と根元にたっぷりと散布します。それを1週間おきに続けます。冬は4~5日おきに水を朝10時頃にたっぷりと与え、肥料はマグアンプを鉢のふちに3~4粒入れます。但し花の咲く1年前は、天然有機固形肥料を与えています。この方法で育てると、培養ビンから出して3~4年で初花が咲き始めます。

HB-101を使うと、新芽が出てから1~2ヶ月で4枚葉になり、柄も出やすいのがわかります。根の生長が良く、植え替え直後と2年後の比較を写真に撮ってみました。

植え替え直後(右)と2年後(左)の根の比較です。HB-101のおかげでとても根の生育が良いです。

植え替え直後(右)と2年後(左)の根の比較です。HB-101のおかげでとても根の生育が良いです。

HB-101のおかげで培養ビンを出してから3〜4年で初花が咲き始めます。

HB-101のおかげで培養ビンを出してから3〜4年で初花が咲き始めます。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2009-2-5

    犬の食欲不振にはHB-101が欠かせません。

    我が家の愛犬、名前はジジ(本名ジェジェール)で犬種はテリア系雑種のオスです。4歳の時に処分されるのを…
  2. 2015-5-4

    HB-101と顆粒HB-101で盆梅は見事に咲きます。

    大小25鉢の盆梅にHB-101と顆粒HB-101を使い始めて8年になります。 今年も盆梅愛好会メン…
  3. 2015-6-1

    HB-101で大根とカブは新鮮でとてもおいしいと大評判です。

    1年を通してレタス、ネギ、ブロッコリー、カボチャ、ニンジンなどを栽培しています。 HB-101を使…

人気の記事

  1. フローラ・バス-102を使わせていただいてから、だんだんと体がつるつるになり、しみもなくなりました。…
  2. HB-101を約30年間、愛用しています。私はリンゴを約1町歩(3,000坪)の面積で、ふじを主流に…
  3. 膝が痛くて立ったり座ったりが辛くなり、HBグルコサミンの180粒を試しに取り寄せ、試した所、飲み終わ…
ページ上部へ戻る