有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101で花や葉が綺麗になり、姿、形が整い、白サビ病、赤サビ病が発生しません。

HB-101は10年前から使い始めました。菊の栽培面積は二反五畝です。5月菊は苗の植え付けを11月から準備し、挿し芽と株分けをしながら5月末~6月にかけて収穫します。夏菊は3月~4月に苗を植えて、6月~7月に収穫します。秋菊は5月に苗を植えて、8月~花の咲く9月頃まで収穫します。小菊も含めて全てトンネル露地栽培です。HB-101の使用方法は一反当たり、100cc液300L(3千倍)の水で薄めて灌水と葉面散布をしています。HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になり、太くなるので菊の生長が良くなります。又、白サビ病、赤サビ病が発生すると、菊の葉に斑点が出てしまうので商品価値がなくなってしまいますが、HB-101で白サビ病、赤サビ病が発生しなくなり、本当に助かっています。HB-101を定期的に使用する事により、花や葉が綺麗になり、姿、形が整います。夏の暑い時にも日持ちが良いので安心して出荷できます。菊は一反に1万5千本の苗を植えるので、収穫までの作業が大変です。消毒、灌水、葉面散布、特に間引きする作業に手間がかかります。植えてから5~6本、芽が出ますが、それを平均に間引いて1株に3~4本の良い菊に仕立てます。それらの作業を女房と2人で30年間続けています。

HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。

HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。

HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。

HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2015-10-6

    猫も金魚もHB-101でとても元気です

    私は十数年前からHB-101を猫には毎朝、飲み水に一滴、入れて飲ませています。 猫は15才になりま…
  2. 2019-4-3

    市販のトイレ用芳香剤とニオイノンノは根本的に脱臭作用が違う

    市販のトイレ用芳香剤は時間とともに効果が低下します。ニオイノンノとは根本的に脱臭作用が違うわけですね…
  3. 2012-11-9

    友人にお裾分けして大変喜ばれています。

    HB-101のおかげで大根、白菜が立派に出来ました。大きさだけでなく、味のほうも大変良いのでHB-1…

人気の記事

  1. HG101を使い始めて3ヶ月 妻から進められ イヤイヤではありますが毎日使ってましたが 1ヶ月半ぐら…
  2. 何十年も他社の育毛によい商品を使っていましたが、効果があったのか?分からず、それを止め、HG-101…
  3. HB廣報,フローラ,天然由来成分,植物エキス,植物のちから,HB-101,hb101,ハッピーバイオ,バイオ技術で明日を創る,植物活力,三重,四日市市,送料無料
    以前に長い間、雪恋姫を使ってい使ってましたが、私の母(94才)を4年前から引き取って、二人でいろいろ…
ページ上部へ戻る