有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101で花や葉が綺麗になり、姿、形が整い、白サビ病、赤サビ病が発生しません。

HB-101は10年前から使い始めました。菊の栽培面積は二反五畝です。5月菊は苗の植え付けを11月から準備し、挿し芽と株分けをしながら5月末~6月にかけて収穫します。夏菊は3月~4月に苗を植えて、6月~7月に収穫します。秋菊は5月に苗を植えて、8月~花の咲く9月頃まで収穫します。小菊も含めて全てトンネル露地栽培です。HB-101の使用方法は一反当たり、100cc液300L(3千倍)の水で薄めて灌水と葉面散布をしています。HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になり、太くなるので菊の生長が良くなります。又、白サビ病、赤サビ病が発生すると、菊の葉に斑点が出てしまうので商品価値がなくなってしまいますが、HB-101で白サビ病、赤サビ病が発生しなくなり、本当に助かっています。HB-101を定期的に使用する事により、花や葉が綺麗になり、姿、形が整います。夏の暑い時にも日持ちが良いので安心して出荷できます。菊は一反に1万5千本の苗を植えるので、収穫までの作業が大変です。消毒、灌水、葉面散布、特に間引きする作業に手間がかかります。植えてから5~6本、芽が出ますが、それを平均に間引いて1株に3~4本の良い菊に仕立てます。それらの作業を女房と2人で30年間続けています。

HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。

HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。

HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。

HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2012-2-3

    HB-101を使うことで、自然薯の安全性が保たれ、太く、食味が良く、粘り気強く、大変な人気を博しています。

    野生種の自然薯を栽培して40年になります。現在、7名の仲間と三重中勢自然薯生産組合を結成。私が組合の…
  2. 2015-3-3

    日本の3大花季展示会にて、HB-101を使用した皐月が花の都の最高名誉賞をいただきました。

    私は趣味で皐月をやっています。 日本の3大花季展示会(東京のさつきフェスティバル、宇都宮のさつき&…
  3. 2016-6-4

    津波のために家の中のものが流されましたが、今はようやく庭に野菜がとれるようになりました。

    HB-101を使い始めて14年の年月が経ちました。津波のために家の中のものが流されましたが、今はよう…

人気の記事

  1. HB-101に出会ってから、もう10年以上になると思います。最近では夢見るシャンプーが抜け毛予防にな…
  2. HB-101で花壇の花達がきれいに元氣に咲き続きます。
    ゴルフ場のコースメンテナンスや造成事業などを行っています。現在は、浜名湖近くのゴルフ場と、隣接するホ…
  3. HB廣報,フローラ,天然由来成分,植物エキス,植物のちから,HB-101,hb101,ハッピーバイオ,バイオ技術で明日を創る,植物活力,三重,四日市市,送料無料
    フローラ様が日々良い物を研究し、世界の平和を願っておられる事に感謝しています。私は好きな畑の土いじり…
ページ上部へ戻る