有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

HB-101でお米の収穫量が一反で約一俵多くなり、食味も良くなり、お客様に「おいしい」と言われています。

HB-101を使い始めたのは約15年前でした。水稲の苗に使ってみたら、根の生長が良く、田植え後の活着も早いことがわかり、圃場で使用することにしました。まずは種籾をHB-110の千倍液に1週間浸し、その後、田植え前の苗に千倍液を2回散布、5月8日に田植えを実施しました。

圃場での方法は、10ルアーの圃場2箇所を選んで有機肥料とカルシウム肥料をまいた後、コシヒカリを植えました。

HB-101の散布方法は、以前は圃場の4隅から投入していましたが、2年前からは、水口からの点滴方法に切り替えて実施しました。HB-101を一反当たり100ccの割合で、1回目の散布は苗の分蘖が始まった後、2回目の散布は出穂前に行います。結果はHB-101を使っていない圃場と比較して、収穫量が一反当たり約一俵多く、食味も良くなりました。

お客様からも「瀬能さんの米はおいしい」と言われています。お米以外の野菜にもHB-101を使っています。

特に白菜は自慢出来る物が出来ています。

HB-101のおかげで倒伏しません。

HB-101のおかげで倒伏しません。

HB-101で収穫量が一反当たり一俵多くなります。

HB-101で収穫量が一反当たり一俵多くなります。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2011-7-3

    1週間毎にHB-101を散布したくさんの花芽を着けました。

    毎年HB-101を愛用して、花と野菜作りを日々楽しんでいる1人です。昨年の猛暑には大変苦労しました。…
  2. 2018-9-28

    HB-101でひまわりが4メートル30センチにも育ちました。

    ひまわりが伸びて伸びて4メートル30センチにもなりました。 HB-101の1,000倍液を、週に一…
  3. 2013-1-9

    何年になるかわからないほど長く使っています。

    HB-101は使ってから何年になるかわからないほど長く使っています。毎日スプレーで砂漠のバラにHB-…

人気の記事

  1. HB-101で育てた実エンドウは充実した実が多くつき、美味しいと大好評です。
    定年後に農業を始め、実エンドウ(スーパーグリーン)を一反五畝(四百五十坪)、サツマイモ(シロユタカと…
  2. この頃の私の日常は気力が少し落ちてきたというか、見て見ぬ振りが多くなってきた様に思っていました。そこ…
  3. HB-101を約30年間、愛用しています。私はリンゴを約1町歩(3,000坪)の面積で、ふじを主流に…
ページ上部へ戻る