有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

シクラメンの葉と花の色艶が良い。HB-101を8年間使用。

関東平野の北部、栃木県でも最も温暖な比較的気候に恵まれた、この県南地方の南河内町にシクラメン栽培農家の私のビニールハウスはある。
私は、1年を通じて2万鉢のシクラメンを栽培し、季節によって他の鉢も栽培している専業農家である。
シクラメンの栽培を始めて十数年になる。
クリスマスとか正月などの需要の関係で、出荷最盛期の12月が1年のうちで最も忙しい。

シクラメンの手入れは1年中しているが、シクラメンは、思ったより手が掛かり、
今の時期は、寝ないでやらねばならない程の忙しさである。
8年前に『現代農業』という雑誌を見て、HB-101というものがある事を知り、使い始めた。

栃木県で1番購読者が多い、『下野新聞』にも、HB-101の広告が掲載されている。

8年前、薬かけが下手だったので、ダニが止まらなくて困っていた。
ビニールハウスの中は、時期的に密閉している時があり、
その時に病気が出るとハウス内の鉢全体に広がってしまう。

農薬の場合は散布しながら、知らず知らず自分でも吸い込んで体に悪いし・・・と思って使い始めたのが、きっかけである。
当時、ダニが広がって花や葉が気に入ったものが出来なかったので、全部捨ててしまった。
その頃から試験的に少しずつ使い始めていたのだが、採算面などを考えてみると、
多少HB-101に金をかけても、全部捨ててしまう損失よりは安くつくと思って、大量に使い始めた。
使用方法は、千倍液を葉面散布などで週に1回使っている。
HB-101で花の色も葉の色も良くなり、花も大きくあざやかに長く咲く。
ダニが治まって、その後、苗の時に掛けてみたり薬を掛ける時に混ぜて使ったり・・・と成長過程で自分なりに工夫しながらやっている。
シクラメンの栽培は、とても手間がかかる。
種から苗を育て、大きくして行く段階で、植え替えを大体3回から4回行う。
葉分けも多い人で10回程やる。
一鉢一鉢ずつ葉分けするので、とても手間と時間がかかる。
私は出荷の直前に、またもう1回葉分けするので、葉分けは都合6回行う勘定になる。
シクラメンの栽培では、土を作る最初の段階から消毒しているので、雑草の繁殖というのは無い。
種冷やし(撒く前に水に漬ける。)の時には水に病気予防のためのものを混ぜて浸して置くが、HB-101も使う。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2008-7-16

    HB-101でカサブランカのいい香りが

    私は毎年豪雪に見舞われる地域に住んでいます。花が好きで雪解けが待ち遠しく、解けた途端に庭の様子を見て…
  2. 2018-12-27

    HB-101でトマトを無農薬栽培し、色つやと形が良く、甘みが出ておいしくなります。

    HB-101を使い始めて今年で26年になります。ハウスは現在、12棟あります。 苗の植え付けは…
  3. 2008-5-1

    HB-101でシンビジウムの花の色艶が良く、花の日持ちが良く、芳香性が良く、茎が太くなります。

    今から27年前に女房と二人で100坪のハウスでシンビジウムの栽培を始めました。現在は3千坪にハウス5…

人気の記事

  1. ニオイノンノを15年ほど前から使用しています。とてもよく効きます。平成30年より、フローラ・バス-1…
  2. HB-101と顆粒HB-101のおかげでゴーヤーの出来が良く、新鮮で美味しいと評判です。
    ゴーヤーにHB-101と顆粒HB-101を使用したところ、出来が良いです。五月の中頃、苗を植え、九月…
  3. HB―101のおかげで庭のさくら草は春真っ盛りです。
    HB-101のおかげで見事にさくら草を咲かせる事が出来ました。種まきをして芽が出てきたら小さなポット…
ページ上部へ戻る