有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2005年2月25日

切り花の菊作り

私共は、菊作りに全力を挙げています。
私の両親、我々夫婦と従業員2人で切り花の菊花栽培に日々いそしんでいます。
菊作りの他は、米三反と畑も少々作っています。
菊作り歴は、私の父が四十年、私自身は25年で、毎年品評会等にも出展してきました。
菊の品種は『秀芳の力』の白黄花で、菊畑は1500坪のハウス栽培です。
1年に3作つくっており、

7月10日に定植したものは、10月、2月A5月に出荷、
8月2日と23日定植したものは、11月、3月、6月に出荷し、
9月8日に定植したものは、12月、4月に出荷しています。

HB-101は、三年位前の秋頃よりずっと使用してきました。
使用方法としては、5千倍液を4日~5日おきに散布し続けています。
そのお蔭で、今までと違った次の様な変化がはっきりと表れてきました。

(1) 生長の具合がとても良くなって、勢いがすごい。

(2) 花や葉などに厚みが増し、切り花にした時、日持ちが良い。

(3) 花の色艶がグンと良くなった。

(4) 挿し穂で根の出が、びっくりするほど出る。

(5) ムラが無く、背丈が90~100cmに揃う様になった。

(6) 白サビ病などが発生しない。

(7) 害虫予防になり、青虫、スリップス、ハモグリバエなどがいなくなった

(8) HB-101の千倍液を水あげ剤として使用すれば効果バツグン。

他にも多くの効果はありますが、HB-101を活用して、とても良かったと思っています。
ふだんは葉面散布が多いのですが、2作目、3作目には土壌灌水もやります。
定植前の7月~8月、たっぷりと土壌散布を行う事にしています。
又、挿し木、挿し穂等は、HB-101の二千倍液にドブ漬にしておきますと根が勢いよく出、その後の生長にも安心がおけます。

菊作りの肥料は、(1)石灰(2)苦土灰(3)配合肥料を用いています。
又、福岡県の立毛品評会(菊畑百坪単位)では、HB-101を使うようになってから高位で表彰されています。
一昨年の品評会では第2位、県議会議長賞をいただきました。
切り花の菊花は、八女市花組合から、共同出荷で全国各方面へ出しています。
HB-101に巡り会えたご縁を大事にし、更により良い菊作りに励みたいと念願しています。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
【植物活力液 HB101】その効果はプロ太鼓判。世界が愛用する安心安全の植物活力液がフローラのHB-101です。使い方は、本格農業から趣味の園芸・ガーデニング、観葉植物にも。有益微生物の活性化で土壌を、植物栄養素が、野菜・果実・花を安心安全元氣に育てます。

関連記事

  • 近所の方達にほめられて嬉しかったです。

    2013年11月8日

  • HB-101で園芸が楽しいです。

    2012年9月8日

  • 我が家の芝生、今季はSTAY HOMEで手入れ十分ですが、毎芝刈り後1/500でジョウロで散布。伸びの悪い所には再度散布すると今年は今までに無い生え揃いようで頭にも賭けたい思いです。脇に植えたサニーレタスも4株で週に2回葉を収穫し朝食に食べています。

    効果抜群ですね‼️

    2020年5月29日

  • 枯れそうになった庭木がHB-101と白HB101で……

    2019年10月3日

  • 一滴のHB-101でパセリがいつまでも青々と!

    2008年11月19日

ニャンケンポン「ペット用健康食品」
お肌しっとり入浴液「フローラ・バス-102」
HB-101野菜作りや園芸に。
ニャンケンポン「ペット用健康食品」
顆粒HB-101植物の土づくり・土壌改良に。