有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2009年10月1日

HB-101で花や葉が綺麗になり、姿、形が整い、白サビ病、赤サビ病が発生しません。

HB-101は10年前から使い始めました。菊の栽培面積は二反五畝です。5月菊は苗の植え付けを11月から準備し、挿し芽と株分けをしながら5月末~6月にかけて収穫します。夏菊は3月~4月に苗を植えて、6月~7月に収穫します。秋菊は5月に苗を植えて、8月~花の咲く9月頃まで収穫します。小菊も含めて全てトンネル露地栽培です。HB-101の使用方法は一反当たり、100cc液300L(3千倍)の水で薄めて灌水と葉面散布をしています。HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になり、太くなるので菊の生長が良くなります。又、白サビ病、赤サビ病が発生すると、菊の葉に斑点が出てしまうので商品価値がなくなってしまいますが、HB-101で白サビ病、赤サビ病が発生しなくなり、本当に助かっています。HB-101を定期的に使用する事により、花や葉が綺麗になり、姿、形が整います。夏の暑い時にも日持ちが良いので安心して出荷できます。菊は一反に1万5千本の苗を植えるので、収穫までの作業が大変です。消毒、灌水、葉面散布、特に間引きする作業に手間がかかります。植えてから5~6本、芽が出ますが、それを平均に間引いて1株に3~4本の良い菊に仕立てます。それらの作業を女房と2人で30年間続けています。

HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。
HB-101を苗の時から使う事により、葉が下から枯れる事がなく、生長するに従い、木が非常に丈夫になります。
HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。
HB-101は白サビ病、赤サビ病が発生しません。
お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
減農栽培や有機栽培に最適 ! HB-101は杉、ヒノキ、オオバコ、松などより抽出した、植物栽培のための天然植物活力液です。有機栽培は減農薬栽培に抜群の効果を発揮します。

関連記事

  • HB-101、顆粒HB-101、HB-101の点滴……

    2005年3月23日

  • HB廣報,フローラ,天然由来成分,植物エキス,植物のちから,HB-101,hb101,ハッピーバイオ,バイオ技術で明日を創る,植物活力,三重,四日市市,送料無料

    植木の花が今までより花の数が増えました

    2017年8月10日

  • HB-101でシイタケは大きく、肉厚で、味、香りが……

    2012年6月2日

  • HB-101で目に見えて農作物の品質が良くなります……

    2016年2月3日

  • トマトとミニトマトの色がHB-101できれいで、おいしくなります。

    HB-101で作物と花が元気いっぱいです。

    2022年2月4日

天然由来成分100%の乳液「純白のしづく」
健康補助食品「めざせ目標値。」
栄養機能食品「ワスレヘン」
動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」
うるおい続ける化粧品 化粧品セット