有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2012年3月2日

膿取り豆、毒出し豆と呼ばれる薩摩なた豆の栽培に、HB-101と顆粒HB-101を使用しますと、丈夫で高品質のなた豆が収穫できます。

なた豆は膿取り豆、毒出し豆として、鹿児島で江戸時代から400年以上にわたり、現在は50世帯ほどによって栽培されています。健康食品の原料です。さやが刀のように長くなる事から、なた豆と呼ばれています。
このなた豆と呼ばれています。このなた豆を栽培し始めて4年になります。薩摩なた豆生産組合では、品質の良いなた豆をより多く生産するために研究を重ねています。
三反耕作していますが、HB-101の300ccを500Lの水で希釈し、12月に畑を耕してから、3月初めの植え付け前までの間に3回散布します。繻子をHB-101の千倍液に浸漬します。植え付け時は顆粒HB-101も施します。HB-101を使用しますと、葉が大きく分厚く、株の勢いも良く、丈夫に生長し、欠株が極端に少なくなります。
未使用時は欠株捕植用の苗を、20%に相当する600株も用意していましたが、現在は100株で充分です。昨年は、高温や多雨など過酷な気候に見舞われましたが、病気がほとんど発生しなかった事が特筆される事です。品評会も行われ、高品質の割合が高く、上位入賞することが出来ました。
HB-101を使用し、年々良い結果が得られているので、今後も顆粒HB-101を使用し、安全、安心をお届けしたいと考えています。

HB-101で美しいピンク色をしています。
HB-101で美しいピンク色をしています。
HB-101で病気知らずに実った太いサヤのなた豆です。
HB-101で病気知らずに実った太いサヤのなた豆です。
お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
減農栽培や有機栽培に最適 ! HB-101は杉、ヒノキ、オオバコ、松などより抽出した、植物栽培のための天然植物活力液です。有機栽培は減農薬栽培に抜群の効果を発揮します。

関連記事

  • HB-101と顆粒HB-101があれば農薬は要りま……

    2016年11月7日

  • HB-101でさくらんぼ作り

    2005年3月9日

  • HB-101でサトウキビを栽培する

    2006年5月10日

  • HB廣報,フローラ,天然由来成分,植物エキス,植物のちから,HB-101,hb101,ハッピーバイオ,バイオ技術で明日を創る,植物活力,三重,四日市市,送料無料

    HB-101で高品質の紅甘夏と温州ミカンを出荷して……

    2017年12月5日

  • バラの花盛りが楽しめました。

    2010年5月7日

動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」
化粧水「雪恋姫」(ゆきこひひめ)
HB-101野菜作りや園芸に。
HB乳酸発酵「黒にんにく粒。」
植物エキス食品 ハッピーバイオ103