有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2005年3月9日

HB-101でさくらんぼ作り

私のさくらんぼ栽培面積は五反で、佐藤錦ナポレオン南陽を栽培しております。
さくらんぼは山形県寒河江市が日本一の産地であり、私はHB-101を8年間使用して、素晴らしい成果を上げており、日本一に恥じないさくらんぼを作っております。

堆肥(豚糞)は5~6年に1度しか入れません。
元肥は8月から9月にかけて、米ぬか、油かす、魚粉、
かにがら等のぼかし肥料を一反あたり500kg投入します。

春先に尿素を反当40kgを入れ、追肥はゼロです。
6月~7月の収穫後にお礼肥えとして化成肥料を40kg与えます。

HB-101は収穫後の半年間は月に1回、
五千倍液の土壌灌水かHB-101の三千倍液の葉面散布のどちらかを行います。
収穫前の半年間は月に2回のHB-101の三千倍液の葉面散布とHB-101五千倍液の土壌灌水をします。
(雪のときは出来ない時もあります)

農薬の使用回数は従来は年に12回位しておりましたが、
HB-101を使うようになってからは半分以下になりました。
HB-101を使用して、さくらんぼの実が固くしまり、
収穫期も長くなった事で労力も少人数で収穫出来ます。
又、味も極めておいしく、糖度も28度と高くなっています。

お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
【植物活力液 HB101】その効果はプロ太鼓判。世界が愛用する安心安全の植物活力液がフローラのHB-101です。使い方は、本格農業から趣味の園芸・ガーデニング、観葉植物にも。有益微生物の活性化で土壌を、植物栄養素が、野菜・果実・花を安心安全元氣に育てます。

関連記事

  • 本当にHB-101できれいに咲きました。

    2013年5月9日

  • ナタマメがHB-101で見事な鈴生りです。

    2019年3月6日

  • ランが見事に美しい花びらを着けました。

    2012年8月6日

  • 1回も消毒をしていません。

    2013年2月9日

  • HB-101で稲苗と松が回復。

    2005年2月24日

動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」
植物からできた健康補助食品「HBグルコサミン」
動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」
健やかな頭皮環境を「ヘアケアセット」
植物からできた健康補助食品「HBグルコサミン」