有機・減農薬栽培なら【フローラ】土壌改良で元氣な野菜づくり

HB広報 株式会社フローラ

2011年9月3日

HB-101をナスやブロッコリーに使うと、素晴らしくおいしく育ち、米は味が良く、収量がアップします。

20年前からHB-101を使い始めました。ナス、ブロッコリー三反に、HB-101を使ってみたところ、素晴らしくおいしいナス、ブロッコリーが出来ました。その後、一町歩の米(コシヒカリ)にもHB-101を使用したところ、味が良く、収量がアップしました。以後、いろいろな使い方を工夫し、この地域の多くの農家さんにHB-101を薦め、20年後の現在でも米農家、イチゴ農家、野菜農家さんなど多くの方がHB-101を使っています。米はHB-101の千倍液に1週間、、モミ種を浸けると、発芽、発根が良好になります。3cm~6cmの箱苗の時に千倍液を葉にかけると、強くて硬い苗になります。本田には、三反歩に2リットルのペットボトル6本に90分かけて、ポトポトと本田に流し込む事で味がおいしくなり、収量が増えます。HB-101の使い方は、特に苗の時に千倍液を散布する事がポイントです。一反の面積にHB-101の100cc液を100リットルの水に薄めると、千倍液が出来ます。苗の時に葉にかける事で健康で固い苗が出来るので、後の作業管理が楽になります。又、活着良好でどんどん勢いが出ます。全ての野菜にHB-101を10日毎に、葉面散布と灌水を実施しています。HB-101の使用結果は色艶、形、酸味と甘味のバランスが良く、とにかく味がおいしくなります。ナスは皮は固いが切ってみると、中が柔らかく、食べるとシャキシャキ感があり、とてもジューシーです。

HB-101で豊田市公園緑地協会コンテナガーデンコンテストで、金賞を受賞しました。
HB-101で豊田市公園緑地協会コンテナガーデンコンテストで、金賞を受賞しました。
HB-101で種子から苗を育てると、丈夫な苗が出来、花着きが良いです。
HB-101で種子から苗を育てると、丈夫な苗が出来、花着きが良いです。
お客様の評価
投稿日
商品名
野菜作りや園芸に。プロご用達「HB-101」
評価
51star1star1star1star1star
HB-101
減農栽培や有機栽培に最適 ! HB-101は杉、ヒノキ、オオバコ、松などより抽出した、植物栽培のための天然植物活力液です。有機栽培は減農薬栽培に抜群の効果を発揮します。

関連記事

  • HB-101を使用して大きく、発色の良い菊が綺麗に……

    2010年6月2日

  • HB-101で育てた稲のモミは大きく、数も多くついています。

    HB-101を使用し、有機農業をめざし、努力してい……

    2023年1月4日

  • 元気な花、美しい色に育てる為にHB-101は欠かせ……

    2013年4月4日

  • おかげで今年は庭中が見事なまでに春を謳歌しています……

    2008年7月9日

  • HB-101以外はもう何も要りません。

    2009年10月7日

HB乳酸発酵「黒にんにく粒。」
エネルギーの活力化に「HB-555 ちから」
瞬間消臭の純植物性消臭液 ニオイノンノ
HA118
動物の元気に混合飼料「ニオワンダフル」